印鑑作成

印鑑の種類や使用目的とは

印鑑を使用

・印鑑はどんな時使うか
銀行口座開口、銀行口座の名義変更、火災保険、生命保険、学資保険申し込み、住宅ローン申請手続き、車の購入ローン申請手続き、口座引き落とし手続き、給与口座指定続き、賃貸入居手続き、引越し依頼手続き、代筆でサインした時等です。
・印鑑はどこで作るのか
印鑑自販機、ハンコ屋、文具屋、ネットで購入することが出来ます。
・印鑑登録について
市町村役所で本人がサインし印鑑を押して登録します。印鑑証明手帳を作ったら、印鑑証明を発行する時は必ず持参します。
・印鑑にあった書体について
篆書体 古くからある書体で、紀元前200年頃に作られたと言われています。どの印鑑にも適しています。
印相体 篆書体からできた文字です。縁起が良いといわれていて、枠に文字が接しているため偽造されにくいです。
古印体 大和古印という書体から生まれたものです。認印や銀行印に使われます。
隷書体 中国の泰で公文書に使われていた文字です。篆書体を簡略化した文字です。
楷書体 印刷物によく使われる読みやすい文字です。
行書体 流れるような文字です。銀行印にはあまり使われない文字です。
・男女別の印鑑書体の選び方
男性は印相体、女性は篆書体がいいといわれています。印相体も篆書体も複雑で複製が難しいことから、銀行印に適しているといわれています。違いは、篆書体の方が丸みをおびているので、やわらかい印象です。
・印鑑に使われている素材について
アクリル、木製など色々あります。最近では華やかな印鑑が増えました。

TOP