印鑑作成

印鑑はどういう時に使うか

大きなハンコ

みなさんは印鑑はどういう時に使うと思いますでしょうか?きっと多くの方は大事な書類には何でも印鑑を使う必要があると思っているかと思います。
ですが、意外と大事な書類でも印鑑を使う必要がない事もあります。それは何かというと一番分かりやすいのが年金の請求書を提出する時です。確かに年金の請求書には印鑑を押す箇所があります。ですが、それも自署する場合は印鑑は不要です。
ですから、印鑑を押す箇所があるからという理由だけでなんでもかんでも印鑑を押す必要はないです。でも、だからと言って年金の請求書だから印鑑を押す必要がないという事はないです。それはどういう時かというと自署しないで代理人が書いた場合です。この場合はさすがに印鑑を押さないとまずいです。そして自分で年金の請求書に自署した場合でも印鑑を使う事もあります。それはどういう場合かというと書き損じた場合です。
この場合は訂正印を押さないといけないので、やはり印鑑が必要になってきます。ですから、いくら年金の請求書が自署なら印鑑が不要と言っても使う必要がある時もあるので万が一に備えて年金の請求書を提出する時も印鑑を持っていくに越した事はないです。でも基本的に年金の請求書に印鑑が不要なのは確かです。

TOP